市民の政治をさらにひろげるための3議席を獲得!

バトンタッチしました!
新人の山浦まゆみ、二期目のさとう悦子、山﨑とも子、3人そろっての当選!

選挙期間中、候補者3人はそれぞれ市内エリアを選挙カーでまわり、政策を各所で訴え続けました。駅前やスーパー前、畑の脇やグリーンロード沿いから、団地や住宅地内の公園の前などで、一人でも多くの人が聴いてくれること、政策リーフを手に取り3人それぞれの人と成りを知って頂くことを願って、歩きまわり駆け廻りました。
生活者ネットワークは、名前の連呼だけでなくしっかりと政策を語ることから、何を実現したいのか、どんな小平のまちをつくっていきたいのかをお伝えしています。
選挙期間中も多くの方からお声かけいただき、励ましや応援の言葉だけでなく、要望や不満の言葉もありました。まさに、日々感じていることや地域の市民政治に期待しようという市民の想いと受け止め、ひとつひとつを思い返して今後の活動に取り入れていかねばなりません。

昨日、授与された3枚の当選証書を目にして、改めて3議席の重さを感じます。
応援してくださった皆さんの想いに感謝しつつ、すべての子どもたちや若者、高齢の方、障がいのある方など、多様なひとがまじって安心して暮らせるまちをつくる―生活者ネットワークは人が集い、対話を重ねながら、政策の実現に向けて一つひとつ取り組んでいきます。