東京・生活者ネットワークは都議会議員選挙に6人の候補者を擁立。

2013年6月13日 23時50分 | カテゴリー: 活動報告・日誌, 議会・議会改革

国分寺・国立選挙区からは都議会議員山内れい子が候補予定。明日14日から都議会議員選挙がスタートします。

 生活者ネットワークは政治は暮らしを豊かにする道具―と謳い、人々の生活の中にある問題や地域の課題について調査や研究をして政策化し、そこに関わる人たちとともに解決します。
 たとえば、いまや高齢化がすすみ、ひとり暮らし高齢者や高齢者世帯は急増し、あわせて少子化もすすみ家族や地域社会のあり方も変わってきています。公的な福祉制度だけでは安心して地域に住み続けることは困難であり、地域住民がサービスにつなげる役割を担うことや見守りなどの拡充が求められます。また、施設や病院から在宅への方向で制度化されようとしている中、在宅での療養生活を支えるためには医療と介護のチームケアの取り組みが急がれます。福祉と医療の連携で安心の地域づくりをめざします。

 大事なことは市民が決める 参加と自治のまちの実現に向けて 
都民の声が届く都政を実現させるために
生活者ネットワークは、大田・練馬・杉並・世田谷・昭島・(国立・国分寺)から選出の候補者全員の当選を目指します!