議会の報告

2009年12月31日 10時18分 | カテゴリー: 活動報告・日誌

 12月議会では、「小平市自治基本条例」が制定されました。
2006年8月から「小平市自治基本条例をつくる市民の会議」が作られ、学習や話しあいを重ねて骨子案がまとめられました。そして、2008年6月に条例案が議会に出されたのです。
一年半かけて自治基本条例特別委員会で話し合われて、ようやくこの12月議会で制定となりました。
 「市民による自治のしくみ」の基本ルールが「自治基本条例」です。
自分たちの暮らしに結びつく事、自分たちのまちづくりはじぶんたちが決める、小平市独自のまちづくりに取り組んでいくこと、そして市民の自治にもとづく地域の運営を行っていくことのための基本ルールを決めたのです。これは、大変な大きな事だと改めて実感しています。これからはこの条例の基本理念・原則に基づきこれをどう活用し、どのように実践していくか、私を含め小平市住民の行動力が必要になってきます。

生活者ネットワークの討論はこちらから

厚生委員会からの報告

小平市立児童館の指定管理者の指定について
 現在、小平市には花小金井南児童館と小川町二丁目児童館があります。
 これまで市の運営によるものから来年度は指定管理者に指定することが決まりました。公募による候補者の選定を行い審査を経て、管理者は特定非営利活動法人ワーカーズコープが選ばれました。3年後の平成25年には、小川1丁目に3館目の児童館設立が計画されており、複数の児童館運営を一つの事業者が管理運営していくことになります。 
 利用する市民と事業者と行政が連携し、ワーカーズコープが目指す協働を意識した運営がされていくことを望みます。そして、子どもが中心となった参加活動ができるよう地域の方たちと共に児童館がつくっていけたらと思っています。