MENU

メッセージ

子ども、高齢者、障がい者を社会全体で支えるためには、当事者や介護者、福祉の現場の声を活かし、市民と行政の協働する力を高めることが大事です。精神の病をふくめた訪問医療と介護のネットワークを広げ、市民が地域で自分らしく暮らすための福祉のまちづくりをすすめていきます。

活動報告